足場工事・鉄骨工事・鳶の求人なら東京都大田区の市川建設
グラウト工事

グラウト工事

高層建築物の品質を保つグラウト工事

グラウト工事

弊社は大手ゼネコン等から、グラウト工事を請け負い、施工しています。高層マンションでよく使われる工法のPC工事のジョイント部分にグラウト材(モルタル材)を注入して固定することで、高層建築物の品質を保つために欠かせないグラウト工事を行っています。

市川建設のグラウト工事

近年、マンションの高層化や工期短縮などのニーズが高まり、「PCa工法」を採用する現場が増えてきました。

「PCa工法」とは、主にRC(鉄筋コンクリート)の柱、梁、床などをあらかじめ工場にて製造し現場に運搬してきてクレーンを用いて建物を建てていく工法です。
通常のRCの在来工法では現場で鉄筋を配筋して型枠を組んだ後、コンクリートを流し込んで建物を施工していくので、1フロアにかかる工期が約2〜3週間程度かかってしまいます。

しかし、「PCa工法」ではあらかじめ製造されている部材を現場で組み立てていくだけなので1フロアを1週間程度で施工することが可能です。

RCの在来工法での主筋の接合方法はガス圧接などを用いることが一般的ですが、「PCa工法」では機械式継手を用いた接合方法が一般的です。
そこで弊社では機械式継手の一つに分類されているモルタル充填式継手への無収縮モルタルの注入をメインとしたグラウト工事を行なっております。

モルタル充填式継手は主に柱や梁の主筋同士のジョイント部分の接合に用いられます。
鋼管と主筋との隙間には高強度の無収縮モルタルを注入、充填してモルタルが硬化することによって主筋を一体化します。

グラウト施工状況

弊社では、高層マンション等の施工で採用されることの多いPCa工法において、建物の主要構造部となる柱、梁のジョイント部分に無収縮モルタルを注入し一体化させるグラウト工事を行っています。

また、現場でのニーズに応えるべく、グラウト工事を起点とし、鳶、土工事を専門とする会社ならではの幅広い知識やスキルを持った多能工の育成にも着手しています。

モルタル

モルタル

撹拌作業

撹拌作業

グラウト工事の種類

① 柱脚PCa目地一体型グラウト注入

柱脚PCa目地一体型グラウト注入
PC柱断面イメージ

② モルタル充填式機械式継手グラウト注入

モルタル充填式機械式継手グラウト注入
モルタル充填式機械式継手

③ 柱頭PCa(レンコン梁)グラウト注入

レンコン注入

④ 柱脚部目地モルタル型枠

モルタル型枠
モルタル型枠図

⑤ 柱脚部目地型枠

柱脚部目地型枠
柱脚部目地型枠図

求人情報
よくあるご質問

最新の施工実績

施工事例

インタビュー

東京都大田区の足場・鉄骨工事なら

足場、鉄骨、PC(プレキャストコンクリート)建方、タワークレーン、コンクリート、グラウト工事に関するご相談はこちらへ。

03-3775-1993

【受付時間】平日9:00~18:30(土日祝祭日除く)

お問い合わせ
鳶工求人情報