足場工事・鉄骨工事・鳶の求人なら東京都大田区の市川建設
PC(プレキャストコンクリート)工事

PC(プレキャストコンクリート)建方工事

PC(プレキャストコンクリート)事業に自信があります

プレキャストコンクリート工事

PC(プレキャストコンクリート)建方は比較的新しい技術で、昭和20年代にPC(プレキャストコンクリート)部材を用いた「プレコン」が登場したのが始まりとされ、歴史はさほど古くはありません。

当社では設立(2004年)して間もなくのころからPC工法に携わり現在に至っています。条件が良いとは言えない現場でも職人たちの知恵と努力とチームワークで施工してきました。これは職人ひとり一人の経験値を上げることにもなりました。

また、様々な条件に安全に対応するには知識と経験が豊富な職人が求められます。さらに、作業には常にチームワークが不可欠です。

市川建設は質の高い人材とチームワークで安全に施工します。PC(プレキャストコンクリート)のご用命はぜひ弊社にご依頼ください。

PCa(プレキャストコンクリート)工法とPC(プレストレストコンクリート)工法

一般に「PC建方」と呼ばれますが、工法としての表記は「PCa(プレキャストコンクリート)」であり、「PC(プレストレストコンクリート)」と別にします。

市川建設のPCa(プレキャストコンクリート)工法・PC(プレストレストコンクリート)工法

近年、マンションの高層化や工期短縮などのニーズが高まり、「PCa(プレキャストコンクリート)工法」を採用する現場が増えてきました。

「PCa(プレキャストコンクリート)工法」とは、主にRC(鉄筋コンクリート)の柱、梁、床などをあらかじめ工場にて製造し現場に運搬してきてクレーンを用いて建物を建てていく工法です。

通常のRC(鉄筋コンクリート)の在来工法では現場で鉄筋を配筋して型枠を組んだ後、コンクリートを流し込んで建物を施工していくので、1フロアにかかる工期が約2〜3週間程度かかってしまいます。

しかし、「PCa(プレキャストコンクリート)工法」ではあらかじめ製造されている部材を現場で組み立てていくだけなので1フロアを1週間程度で施工することが可能です。

一方、「PC(プレストレストコンクリート)工法」はコンクリート内部のワイヤーを緊張し、コンクリートを圧縮させて強度を上げます。強度を必要とする橋げたや倉庫、体育館などの建築に適しています。

当社ではPCa(プレキャストコンクリート)工法を得意とし、また、PCa(プレキャストコンクリート)工法とPC(プレストレストコンクリート)工法の両方を行うケースもあります。

PC(プレキャストコンクリート)建方工事の施工実績

タワーマンションPC建て方工事1

勝どき58階建ツインタワーマンションPC(プレキャストコンクリート)建て方

2006年1月5日PC建方
施工概要 ツインタワーマンションプレキャストコンクリート(PC)建て方工事 施工年:2005~2006年 施工場所 東京都中央区勝どき 施工(プレキャストコンク... (続きを読む)

求人情報
よくあるご質問

最新の施工実績

施工事例

インタビュー

東京都大田区の足場・鉄骨工事なら

足場、鉄骨、PC(プレキャストコンクリート)建方、タワークレーン、コンクリート、グラウト工事に関するご相談はこちらへ。

03-3775-1993

【受付時間】平日9:00~18:30(土日祝祭日除く)

お問い合わせ
鳶工求人情報